違和感.com

その違和感、無視するの?キャリアとか転職とか副業とかアフィリエイトとか

となりの違和感

[Alexandros]はとても良い!まぁそらそうやわなぁと思った話。

どうも。井和 寛です。

わたしアラフォーという35歳のナイスガイなんですが、そらそうやわなぁとしみじみ思った話をしたいと思います。

今年の正月なんですが、2歳になる息子のためのDVDをレンタルしにTSUTAYAに行ったんです。

なぜか気になったCDコーナー

いつもはCDコーナーは素通りするんですが、正月だし何か新しい物を吸収したいと思っていたこともあり、普段は無視する若者達に大人気の音楽を聴いてみようと、ふと足を止めました。

私は10代の頃から結構マジでバンドマンをしてたということもあり、めちゃめちゃバンド好きですので、そこそこ新しいバンド達も聴いていたのですが、最近はもう、めっきりついていけなくなりました。

てか年々音楽シーンの情報が入らなくなったのは世の中が変わったのか、わたしがおじさんになったのか。

この感じわかりません?この感じ共有できる人いないかなぁ??

あるわあるわニューウェーブ

ニューウェーブて…と自己ツッコミもほどほどに新しいバンドか山のように出てます。

そこでふと気になったのが[Alexandros]というバンドでした。名前だけはよく見かけていたのですが、もちろん聴いたこともなく。

今年は新しいことを始めよう!と試聴もせずにレンタルしてみました。

[Alexandros]めちゃええやん…

聴いてびっくり!めちゃめちゃど真ん中!!

テクニックも申し分ないし、独創性にも溢れてるし、ハイトーンのボーカルと切ない曲調も合うし。

こりゃ正月早々いいバンドに巡り会えたと大満足でした。

「若者の音楽なんかあかん!ロックはジミヘンに始まりジミヘンに終わるんや!」とか言うてたらあかんなぁ。新しい才能を認める事から成長が始まるんやなぁ。若いってすばらしいなぁとしみじみ感じました。

そして[Alexandros]は私のヘビロテに

その後も飽きることもなく聴き続け、今では立派な私のヘビロテになりました。

聴けば聴くほどにバラエティーに富んでるし、全然退屈させない完成度ですし、アルバム2枚分を今でもがっつり聞いてます。

そして知った驚愕の新事実

まぁここまで[Alexandros]にはまってるので、[Alexandros]ってどんな人達なのかなぁと、ふと気になったんですよ。

そしてWikipediaで調べること数分、驚愕の新事実。

彼らは若者でもなんでもなく([Alexandros]さんごめんなさい。でも大好きです!)、全員が私と同い年。

ただおっさんがおっさんの作った音楽を聴いてグッときただけという驚愕の新事実。

そらそうやわなぁ。とスマホを握りしめ立ち尽くした今年の正月。今年も良い年でありますように。

本日の違和感まとめ

まぁ今日のお話は違和感でも何でもなく、むしろビター!っとしっくりきた話でした。

[Alexandros]ほんとにおすすめです!

-となりの違和感